ホームエレクトロニクス
デジタルホーム

近年、各国でスマートグリッドの研究や実証実験が、進められています。スマートグリッドシステムの構築では、電力網だけでなく、スマートメータやHEMSも重要な課題となっています。NeSTは、HEMSの構築にチャレンジし、長年に渡って獲得したIT技術の活用により、複数のエネルギー消費機器(家電機器や給湯器等)をネットワーク化して、自動制御を実現します。

HEMSシステム構成:例.jpg

▲このページの先頭へ ◆前のページに戻る

ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)

デジタルホーム

NeST-HEMS

家庭でのエネルギーの消費量の節約を目的とした本システムは、以下の特徴があります。

【Hardware】

システムに接続された家電製品の消費電力量の収集や制御を行います。

  • ZigBEEベースのスマートプラグ:消費電力を計測します。また、ON/OFFの制御が可能です。
  • ZigBEEベースの低消費電力スマートゲートウエイ:各スマートプラグとホームディスプレイと通信します。IEEE802.15.4準拠、AES暗号化によるセキュリティ機能をサポートしています。Ethernet,Wi-Fi,PLC,GSM/GPRSなどのインターフェースをサポート可能です。
  • In-Home Display(IHD):システムの設定、制御や使用量などの表示を行います。

【Software】

リアルタイムに電気料金やエネルギー使用量等を収集して、表示を行います。また、スマートフォンにインターネットを介して、表示をすることもできます。

図
  • Miniature Screen:アクティブ負荷関連グラフ、現在のエネルギー消費量(KWh)やコストの表示、並びにLive ScreenやConfiguration Screenなどの画面を選択します。
  • Live Screen:家のレイアウトに家電製品を表示し、ON/OFFの制御を行います。また、その状態を表示します。
  • Configuration Screen:家のレイアウトに対して家電製品などの登録、編集や削除を行います。切電計画の設定や家電製品に対する自動制御のスケジューリングも行う事ができます。
  • Load profile Screen:家電製品別や部屋別の使用状況をグラフで表すことができます。

ET2010に出展したデモシステム

図

▲このページの先頭へ ◆前のページに戻る